安倍さんは本当に保守なのか? 

わが国にとってシナや朝鮮など大した脅威ではない。むしろ本当の敵は、わが国を実効支配しているアメリカである。しかるに、わが国のメディア、特に保守を自称する産経系の連中までもが、シナや朝鮮の脅威は盛んに宣伝する一方で、アメリカの支配には目をつむり、国民を瞞着している。

安倍さんは首相になる前、シナ寄りの民主党を売国政党といって非難し、靖国に参拝しない、ときの首相をこき下ろしていた。しかしその安倍さん自身、首相になってもいまだ一度として靖国に参拝していない。いわゆる従軍慰安婦の問題についても、野党時代はあんなに威勢が良かったのに、いまでは左翼の追及に対して、「事実確認については歴史家の研究に委ねる」などと因循姑息、保身的な答弁を繰り返している。

自虐史観からの脱却を標榜してきた人物が首相になったにもかかわらず、その自虐史観の骨頂ともいえる「河野談話」を撤廃しないとすれば、それはもはや彼に一票を投じた国民への詐欺、国家民族に対する裏切りである。

どうやら、安倍さんのポーズがトーンダウンした背景にはアメリカの圧力があるようだ。彼としては、靖国にしても慰安婦にしても、あんまりやりすぎてアメリカの忌諱に触れるのを避けているのだろうか。だとしたら何とも卑屈でふがいない、本国政府に対する植民地総督のごとき態度である。

あえて問おう。安倍さんは結局、国民のナショナリズムを利用し、アメリカの支配を強化することで、自己の政治的保身を図ろうとしているのではないか。信じたくはない、しかしその疑いを拭えないようなことを彼はしているのである。

カテゴリー: 国體 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です