大アジア研究会『大亜細亜』第二号発行

%e3%80%8e%e5%a4%a7%e4%ba%9c%e7%b4%b0%e4%ba%9c%e3%80%8f%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e5%8f%b7%e8%a1%a8%e7%b4%99小生が主宰している大アジア研究会の機関紙である『大亜細亜』第二号を発行致しました。ご高覧下さい。

 

 

 

カテゴリー: アジア主義 | コメントする

トランプ勝利の要因と日本の進路

アメリカ大統領選でトランプが当選した。トランプは選挙期間中、在日米軍の撤退を示唆し、我が国の核武装を容認する発言をして物議をかもした。トランプが発言通りの行動をとるならば、嫌が応にも我が国は国家としての自立を迫られるだろう。

今回のトランプ勝利の要因としては、様々な分析があるが、一つはオバマ政権が進めて来たリベラルな政策に対する保守派の巻き返しがある。オバマ政権はアメリカの伝統的なアングロ・プロテスタントの文化を否定し、黒人やヒスパニック、同性愛者、麻薬中毒者などのマイノリティーの権利を擁護拡大してきた。しかしこうした政策は、「多文化主義」の名を借りた「文化相対主義」、「政治的公正(ポリティカル・コレクトネス)」の名を借りた「悪平等主義」を帰結し、結果としてアメリカ社会の文化的断絶を招いた。その際、ヒラリーはリベラルの頭目と見なされた。第二に、グローバル金融資本と結託したエスタブリッシュメントとして、格差社会を容認してきたヒラリーに対して、トランプは国内の製造業を保護し、産業労働者の権利を代弁したことから、中間層や貧困層の広汎な支持を得た。第三に、安全保障に関して、オバマ政権が掲げ、ヒラリー国務長官によって推進された核軍縮や協調外交は、かえって中露の増長を招き、国際情勢を不安定化させると共に、アメリカの国際的な地位を低下させたことへの反省から、「アメリカを偉大にする」といったトランプのスローガンがアピールした。クリントンは国務長官時代の「メール問題」に加え、中国政府との「黒い関係」が指摘されている。

以上のような要因に照らせば、今後トランプ政権が進める内政外交は、第一にアングロ・プロテスタントを中心とするアメリカの伝統的な価値観に回帰し、産業保護主義に基づいて国際的な金融市場の自由化に歯止めをかけ、TPPやNAFTAなどの自由貿易体制の枠組みからの離脱を模索し、さらに外交面ではアメリカの国力に即したかたちで孤立主義に傾斜し、同盟国の軍事的自立を促す形で「オフショア・バランシング」による力の均衡を求めるであろう。しかしこうした政策の転換は、戦後アメリカが我が国にリベラルな政治体制と軍事的制約を課す代わりに、アメリカの豊沃な国内市場を開放して自由主義経済の果実を享受せしめてきた基本的構図を根本的に塗り替えるものだ。

さても今年は、イギリスのEU離脱決定に始まり、ドゥテルテ新フィリピン大統領の誕生、それに続くトランプの当選と、変動目まぐるしい一年となった。これらの動きに共通しているのは、従来のグローバリズムに対抗するナショナリズムのうねりがポピュリズムの形で噴出し、各国に伝統主義への回帰と経済的な平等主義の潮流を生み出しているということである。特に冷戦終結以降に世界化した一連の新自由主義改革は、国家をグローバルな枠組みに従属させ、人々からナショナルなアイデンティティーを剥奪すると共に、国際金融資本と結託した一部の支配層による国家資源の収奪、国民財産の搾取を推し進めてきた。こうしたなかで、グローバル・金融・エリート対、ナショナル・産業(工業や農業)・大衆という構図が成立し、後者が前者に選挙で競り勝つという現象が世界各地で起こっているのである。

我が国も、冷戦以後にエスカレートしたアメリカの対日圧力に屈して、国内市場を自由化し、特に小泉構造改革によって広汎な金融・労働市場の自由化が推し進められた。その結果、竹中平蔵(現パソナ会長)を始め、欧米金融資本と結託した一部のレント・シーカーは、規制改革による莫大な利権を手にする一方で、伝統文化を支える地方社会は衰退し、失業や貧富の格差が拡大している。安倍首相は、当初こそ保守再生の看板を掲げたが、実際には対米追従外交と構造改革路線を踏襲し、戦後レジームを延引させたに過ぎなかったが、そうしたなかでのトランプ当選は、我が国が真にアメリカから独立し、国家の自立を回復する千載一遇の好機となるであろう。それは取りも直さず、我が国が在日米軍を撤退させてアメリカ依存の国防体制から脱却し、自主国防体制を構築すると共に、グローバル金融資本から国内産業と国民資産を防衛するということに他ならない。

しかしながらこの目的を達する上で二つの障害がある。一つは、我が国の政党勢力で対米自立の核となる真正保守が存在しないことである。一時は、平沼赳夫氏の率いた「たちあがれ日本」や「太陽の党」が期待されたが、新保守勢力の混入によって換骨奪胎され、雲散霧消した。もう一つの障害は、上述した様な情勢変化を受けても、安倍首相が従来の対米従属に固執し、すでに七割を我が国で負担している米軍の駐留経費をより多く負担すると言い出しかねないことである。こうなれば卑屈ここに極まれりであるが、安倍首相ならやりかねないところが怖い。よって我々は真正保守を結集して政府を督励し、目前の好機逸失を避けねばならない。

カテゴリー: アメリカ, 国體 | コメントする

「ねずさん」こと、小名木善行先生 講演会のお知らせ

%e5%b0%8f%e5%90%8d%e6%9c%a8%e5%85%88%e7%94%9f%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a

 

 

 

 

 

 

 

「ねずブロ」でお馴染みの小名木善行先生の講演会を、千葉県浦安市で行います。
お時間の都合の合う方は、是非お越し下さい。

1 日時  平成28年11月19日(土)
      15:00 開場
      15:30 講演
      17:30 閉会
2 場所  日の出公民館 第1会議室
      〒279-0013 千葉県浦安市日の出4丁目1−1
      電話: 047-355-8831
     (アクセス)
      京葉線「新浦安駅」徒歩20分
      バス3系統・16系統・18系統・23系統で「海風の街」下車徒歩2
      バス11系統・28系統で「日の出公民館」下車徒歩1
3 主催  浦安の歴史教育を考える会
      代表 折本龍則
4 講師  小名木善行
5 参加費 1,000円
6 予約  047-352-1007(折本)

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アルテミオ・リカルテ生誕百五十年記念祭のお知らせ

アルテミオ・リカルテ生誕百五十年記念祭のお知らせ

謹啓

時下益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。

さて、今年はフィリピン独立の闘士、アルテミオ・リカルテ将軍の生誕百五十年です。リカルテは、今から百五十年前の一八六六年十月二十日、ルソン島最北端のバタックという町で生まれました。当時のフィリピンはスペインの植民地支配に苦しんでおりましたが、やがてスペイン本国の衰退に伴い、独立の気運が昂揚し、ついに一八九六年には最初の革命蜂起が勃発します。リカルテはアギナルド将軍率いる革命軍と共に戦い、米西戦争によってアメリカが新たな侵略者となるや、アメリカとの戦争を指導しました。

%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%86%e8%82%96%e5%83%8f

リカルテ将軍

この米比戦争の結果、アメリカは百万人ものフィリピン人を虐殺し、一九〇二年にフィリピンを軍事制圧して以降は、過酷な植民地支配を行いました。捕らわれの身となったリカルテも、長きに亘る牢獄生活を強いられましたが、一九一四年、宮崎滔天や犬養毅、頭山満といった有志たちの計らいによって我が国に亡命し、横浜山下町に居を構えて静かな余生を送っていたのです(この縁にちなみ、戦後、横浜山下公園の一角にリカルテ将軍の記念碑が建立されました)。

ところが、一九一四年に大東亜戦争が勃発すると、星条旗に唯一屈しなかったリカルテ将軍のフィリピン帰還を求める声が高まりました。当時のリカルテは七十五歳の老齢に達しておりましたが、意を決してフィリピンに帰還し、山下奉文大将率いる我が軍と共に戦いました。しかし我が軍の戦況が悪化し、山岳地帯での過酷なゲリラ戦を強いられるなかでついに病を発し、一九四五年七月三十一日、八十年の崇高な生涯に幕を閉じました。

かくしてリカルテが、その悲願であったフィリピンの独立を見届けることはありませんでしたが、戦後フィリピンは独立を果たし、リカルテは祖国独立の英雄として讃えられております。またフィリピン解放のために、我が軍とリカルテが共に戦った歴史的事実は、日比両国にとってかけがえのない絆として記憶されるべきであり、将来における日比永遠の友好関係を約する偉大な歴史遺産であります。

戦後、日比両国は米ソ冷戦構造のなかで、米軍の駐留を許し、アメリカによる反共政策の一翼を担わされましたが、冷戦終結以降、フィリピンではアメリカからの独立を求める輿論が昂揚し、一九九二年には米軍の完全撤退が実現しました。また先には、強権派のドゥテルテ大統領が誕生し、米中両大国を手玉に取る毅然たる独自外交を展開しております。これに対し、我が国は冷戦以降も国家意思を示さず、今世紀初頭にアメリカが「テロとの戦い」を始めて以降は、従来の対米従属を一層強化しております。しかし、アメリカは我が国を始めとするアジアの「同盟国」に対して国益の主張をむき出しにする一方で、侵略的な海洋進出を続ける中共に対する有効な抑止を怠り、関係国の不信感を招いています。

こうしたなかで、米中両大国の覇権主義に対抗して自国の存立を図るフィリピンと我が国は基本的な国益が合致し、両国提携の気運はかつてない高まりを見せているともいえます。

以上のような理由から、我々有志一同は、リカルテ生誕百五十年を期して、リカルテの偉業とその日比両国の友好に寄与した功績を顕彰することによって、将来における両国友好の歴史的基盤を確認すると共に、我が国政府に対して国家的主体性の恢復と対アジア独自外交の推進を求めるものであります。

謹白

主催:大アジア研究会(代表・折本龍則/副代表・小野耕資)

開催日時:平成二十八年十月二十九日(土曜日)午後二時開始

場所:横浜山下公園内リカルテ記念碑前

祭式後場所を移動し、坪内隆彦氏(当会顧問、『アジア英雄伝』著者)による記念講演

%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%86%e5%b0%86%e8%bb%8d%e8%a8%98%e5%bf%b5%e7%a2%91%e5%9c%b0%e5%9b%b3

住所)〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町    経路)元町・中華街駅2出口から徒歩五分

平成二十八年十月 吉日

大アジア研究会

 

 

 

 

※出欠については開催前日までに同封FAX又は、電話のいずれかで、ご連絡いただければ幸いです。

 住所・連絡先:〒二七九ー〇〇〇二 千葉県浦安市当代島一ー三ー二九アイエムビル五F

TEL)〇四七ー三五二ー一〇〇七

FAX)〇四七ー三五五ー三七七〇

携帯)〇九〇ー一八四七ー一六二七(折本)

各位

案内状のPDFはこちら

カテゴリー: アジア主義 | コメントする

坪内隆彦氏待望の新著『GHQが恐れた崎門学』(展転社)刊行

%e3%80%8eghq%e3%81%8c%e6%81%90%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%b4%8e%e9%96%80%e5%ad%a6%e3%80%8f%e8%a1%a8%e7%b4%99坪内隆彦氏による待望の新著が刊行される。その名も『GHQが恐れた崎門学(きもんがく)―明治維新を導いた國體思想とは何か』(展転社)である。

著者はこれまで『アジア英雄伝』や『維新と興亜に駆けた日本人』(何れも展転社)などの著作を出されているが、本作は、幕末の志士たちに影響を与えた五冊の書として、浅見絅齋の『靖献遺言』、栗林潜鋒の『保建大記』、山県大弐の『柳子新論』、蒲生君平の『山陵志』、頼山陽の『日本外史』を取り上げ、それぞれの史的背景や根底思想について論じている。

なかでも本作の特徴は、上述した五冊の書を、江戸前期の儒者・神道家である山崎闇齋の創始した崎門学の系譜のなかに位置づけ論じていることである。崎門学は、我が国の皇室を中心とした君臣父子の大義名分を説き、後に伊勢・吉田神道の流れを汲む垂加神道と合一して、幕末における尊皇攘夷運動に多大な影響を与えたとされる。

実は筆者も、著者とこの崎門学を共に研究している間柄から、本作ではその巻末において「今何故崎門学なのか」と題する拙文を掲載して頂いた。

来年、明治維新から百五十年を迎えることから、巷間では明治維新の史的意義を顕彰する動きが出始めている反面、これに楔を打つかのように、幕末維新の歴史を、単なる利害衝突や権力闘争の歴史として切り捨てるような言説も流布している。そこで著者は本作の「補論」において一節を割き、歴史を高みから批評するのでなく、崇高な大義を掲げて歴史を切り開いた先哲を謙虚に仰ぎ見る姿勢の重要性を強調している(「原田伊織『明治維新という誤り』批判序説」)。

崎門学を学ぶ同志の一人として、本作が、閉塞感にあえぐ現代の若者にとって思想的な発火材になることを期待するものである。

カテゴリー: 未分類 | コメントする