若林強斎先生『神道大意』2/2

神道ト詞ノ立テ居ルモ、抑開闢ノ初、天地ノ神明、諾・册ノ二ハシラ、マコトノ御心ヲ以ウツノ御子ヲ御出生ナサレ、天下ヲ治サセタイト思召スナリニ、日ノ神御出生アリテ、天ノ御柱ヲ以、天ノ上ニオクリ挙ルト云ヨリ、天下万世無窮ノ君臣ノ位定リテ、サテ何ヲワザトナサルヽト云コトハナイ。父母ノ命ヲ守リ、天ノ神ヲ斎キ奉ラセラレテ、只天下ノ泰平、万民ノ安穏ヲ祈ラセラルヽ御心ヨリ外ナイ。祭政一理ト云ガ是也。アノ方ノ書ニ、篤恭而天下平ト云モ、コノコト也。其政ヲ輔ケサセラルヽ大臣カラ云テモ、上ヘ様ノカク思召ミコトノリヲウケテ宣ルヨリ外ナイ。児屋・太玉ノ宗源ヲツカサドラセラルヽモコレニテ、神祇官ガ八省ノ根本トナリテ、万事ノ政ガコレヨリ出ルコトゾ。禁秘抄ニ、凡禁中ノ作法、先神事、後ニ他事、旦暮神ヲ敬之叡慮ヲ懈怠(オコタル)ナシ、ト仰ラレタルガコレナリ。ソレカライヘバ、諸臣ハ云ニ及バズ、天下一統、埴生ノ小屋マデモ、ツントソコヲ戴テ、アダニ思ハズ、上ノ法令ヲ守リ、天地神明ノ冥慮ヲオソレツヽシムデ失フコトナケレバ、ソレ置モ直サズ、面々ノ身デ云祭政一理ノ合点ゾ。惣体がカフ立タモノユヘ、ソコデ神道ト詞ガ立テキタモノ。ジヤニヨツテ、君ハ神孫、道ハ神道、国ハ神国ト云タモノ。苦々舗コトハ、古代ノ教ノ通リニ守ラセラレヌユヘト見ヘテ、上ハ恐アルコトユヘ申サレヌガ、下一統ノ風俗ガ、ナンノ由シモナキ西羗ノ異教ヲ信ジテ、我国ノ神明ノ冥慮ヲ恐ルヽヤウナ、シホラシイ心ガナクナリタ。サレドモ天地開闢以来、今日ニ至リ、君モ臣モ、神ノ裔カハラセ玉ハズ、上古ノ故実モノコリテ、伊勢大神宮を新米デ祭ラセ玉ハヌ内ハ至尊モ新米ヲ召上ラレヌノ、伊勢奉幣加茂祭ノ時ハ至尊円座ニマシマスノ、僧尼ハ神事ニ忌ムノ、ト云類ガアルゾ。スレバ末ノ世ジヤト云テ、吾ト身ヲイヤシメフ様モナイコト。天地モ昔ノ天地ナリ、日月ノ照臨モ今ニカワラセラルヽコトナケレバ、面々ニキタナキ心ヲモタヌ様ニ、常ニ幽ニハ神明ヲ畏レ、明ニハ上ニ事マツリ下ヲイツクシミテ、万事スジメニタガフコトナケレバ、我身一分ノ日本魂ハ失ハヌト云モノユヘ、余所ヲ見ルコトモ何ニモナイ。只我志ノツタナキコト、吾身ノロクニナイコトヲナゲイタガヨイゾ。サテ惣ジデ神道ヲカタルニハ、マヅコノ様ニ、ヒラタフヤスラカニ云ガヨイ。忌部正道ノ、辞嬰児ニカツテ心神聖ニモトムト云ヘルガ、コレナリ。アノアドナイ様ナ中ニ、キツウ面白味ガアル。理屈クサイコトハ、ツントナイコトゾ。経学ノ本法ガ、カフシタコトナレドモ、儒者ガコレヲ知ラヌガキノドクゾ。孔孟程朱ノ書ヲトクト読ミ得レバ、此旨ヲ知ルゾ。

                                野村淡斎録

近藤啓吾先生校注 『神道大系』(「垂加神道(下)」)より野村淡斎筆録、強斎自筆訂正のものを参照した。ルビは筆者。

カテゴリー: 国體 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。