佐々木実氏講演要旨

sasaki minoru7月4日、憲政記念館にて『月刊日本』が主催する佐々木実氏の講演会に参加した。以下は講演の要旨。佐々木氏は『市場と権力』(講談社)の著者である。

佐々木実氏講演要旨

安倍首相は本来竹中を経済財政諮問会議の委員にしたかったが麻生の反対で断念した。竹中と麻生は郵政民営化以来の確執がある。安倍はその代わりに竹中を産業競争力会議の民間議員にすると、竹中は同会議で国家戦略特区構想を打ち上げ、それに基づいた国家戦略特区諮問会議を経済財政諮問会議と法的に同格の位置づけにした。これが竹中の巧みさである。

アスカと共に逮捕された栃内がいたパソナの南部代表はアングラとの付き合いが深い。竹中は総務大臣を辞めた直後にパソナの顧問に就任し、パソナは竹中が大臣の在職中に進めていた人材バンク事業を受注した。パソナの接待施設には現職の閣僚や官僚が出入りし、人材派遣を管轄する田村厚相は産業競争力会議で三百億の派遣関連助成金を提案している。

南部が台頭するのは長銀が破綻した98年が契機である。同年には大蔵省に特捜が入り、金融監督庁が発足した。従来のエスタブリッシュメントが崩壊し構造改革論が勃興、労働規制緩和の波に乗る形でパソナは急成長する。

同じ頃アメリカでは従来の国家圧力ではなく、民間企業主導で構造改革推進の外圧を掛ける方針に対日政策を転換しており、竹中はその方針に内応する形で日本国内での存在感を増した。ゴールドマンサックスによる三井住友銀行の増資引き受けもその一例である。

小渕首相が経済財政諮問会議で民間のエコノミストを登用してから、政策決定に対する民間エコノミストの関与が強まり、同会議は以後の市場主義改革の推進母体になった。この方式はアメリカの官民交流の模倣でもあるが、アメリカで政府に食い込んだエコノミストが学問的にも優れた業績を残しているのに対して、竹中はまともな学術論文を記していないどころか、博士論文の剽窃疑惑すら指摘されている。

竹中が優れているのは、政治家と官僚の間に介在し、政策立案・実現をオーガナイズする「官房型官僚」としての能力である。

冷戦終結はイデオロギー対立の終焉とされ、経済学は価値については議論しないという前提があったが、現実に自由主義的な経済政策の根底にはイデオロギーが存在し、竹中はその上辺だけを借用して無知な日本国民を瞞着した。よって竹中問題の本質は、目下の市場主義に対する思想的代案が提示できないことにある。

小生の質疑

安倍首相は何故、竹中に拘るのか。それは首相の意思か、それともアメリカの外圧か。

応答

安倍は景気動向を知るため日経平均しか見ていない程、経済政策に無知。小泉内閣の官房長官として竹中の辣腕を見てきたのも大きいのでは。竹中とアメリカの関係はアドホック。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

佐々木実氏講演要旨 への2件のフィードバック

  1. 稲村公望 のコメント:

    ありがとうございます。
    日本を取り戻す為には、取り憑いた魔物を除去する必要があります。
    しかし、その魔物の生態についての説明が必要でしたが、佐々木実氏が、「市場と権力」を書いて明るみに引きだし、また一味の追求を続けていることにあらためて敬意を表します。そして、この講演会の要旨を的確にまとめられた折本さまに感謝染ます。

  2. 柿木俊久 のコメント:

    以下は、コメントというより質問です(いや、疑問というべきかもしれません)。
    最近、竹中氏に対するバッシング記事や論調を展開する人が多い。それは多分、ASKA事件に端を発しているものと思わる。そして、批判の論点は大きくは2点と思われる。
    1.反「新自由主義」の立場からの批判
    2.「労働者の企業間移動を容易にする政策=派遣事業者が潤う=竹中氏はパソナの会長」(つまり、自らの利益のために政治を利用した)という観点からの批判

    2.はそうであってもなくても、竹中氏ほどの立ち場であれば、受けて立たねばならぬ批判だと思われるので、私は見守っています。
    一方1.ですが、竹中氏が小泉政権の中枢にいたころ、「かんぽの宿」「グリーンピア」「道路公団関係会社」等への天下りと赤字垂れ流し問題に関して、反「小泉-竹中」グループのからは積極的な政策提言を聞いたことがありません。あるいは当時の反「郵政民営化」派は「田舎から郵便局がなくなる。」「日本国民の預金が外資に乗っ取られる。」等の被害者意識的論調に終始して、小泉/竹中氏の「無駄な公共投資の温床となっている財政投融資を廃止するためにはその資金源である郵政事業は民営化する必要がある。」という主張に対する正面から反論がありませんでした。よって、国民は小泉/竹中氏の主張を支持して5年間もの長期にわたり小泉政権の存続を高い支持率で許した、というのが(きわめてシンプルに申し上げれば)私の理解です。これは多分多くの国民の理解と一致していると私は思っています。したがって、反「新自由主義」を展開される方で、当時の竹中氏を批判されるのであれば、まずは、上記の私の疑問に対して答えてほしい、と思います。

    これは、純粋に「新自由主義」の是非についての議論とは別の問題です。その議論はそれぞれの立場で議論を戦わせればよろしい。したがって、佐々木氏の「竹中問題の本質は、目下の市場主義に対する思想的代案が提示できないことにある。」との結論には大いに賛成で、竹中問題と「新自由主義」(=佐々木氏がいう「市場主義」)の議論とは本来切り離して論じるべきである、と言いたい。

    なお、文中に「無知な日本国民を瞞着した。」とあるが、国民を無知と決めつけることには賛同しかねます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です