大アジア研究会『大亜細亜』第三号発行

大アジア研究会の機関紙である『大亜細亜』第三号を発行致しました。ご高覧下さい。ちなみに本号目次は以下の通りです。

本号目次

一面 巻頭言(折本龍則)

二面 日本精神を失わなかったフィリピンの志士ピオ・デュラン(坪内隆彦)
六面 アジア主義に生きた杉山家の伝承③(杉山満丸)
九面 玄洋社の源泉、加藤司書(浦辺登)
十一面 近世東洋史 (小野耕資)
十七面 『アジアの夜明け』①(原作・草開省三/要約・原嘉陽)
二十一面 橘孝三郎の大亜細亜文明論(坪内隆彦)
二十三面 書評・古谷経衡著『アメリカに喧嘩を売る国フィリピン大統領ロドリゴ・ドゥテルテの政治手腕』(小野耕資)
二十四面 史料・日清貿易研究所開所式における荒尾精所長訓示
二十五面 連載 大亜細亜医学の中の日本③(坪内隆彦)

カテゴリー: アジア主義 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です