吉田松陰先生著近藤啓吾先生全訳注『講孟劄記』(講談社第30刷)を読む 第5回

今回は53pから第四場六二十七日の段を読み終えた。

以後は一回一場毎のペースで読み進めることとする。

 

カテゴリー: 書評・覚書 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です