書評・覚書」カテゴリーアーカイブ

三橋貴明『日本「新」社会主義宣言』(2016、徳間書店)の要約

・筆者によると、近年の我が国於けるデフレは1997年の橋本政権における消費増税が … 続きを読む

カテゴリー: 書評・覚書 | コメントする

下斗米伸夫『プーチンはアジアをめざす』メモ

ウクライナの「マイダン革命」は、アメリカのビクトリア・ヌーランド国務次官補が関与 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・覚書 | コメントする

徳富蘇峰日記を味わう②-皇室中心主義とは何か

蘇峰翁は、毎日新聞社長の高石真五郎氏から、予てより翁が標榜したる皇室中心主義につ … 続きを読む

カテゴリー: 国體, 書評・覚書 | 1件のコメント

徳富蘇峰日記を味わう①-日本は民主主義に非ず

安倍首相は、中国を牽制しアメリカに擦り寄るときには決まって我が国が「自由と民主主 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・覚書 | 1件のコメント

佐々木実『市場と権力』(講談社)覚書

竹中平蔵の本質は曲学阿世の徒 先日講演会に参加した佐々木実氏の『市場と権力』(講 … 続きを読む

カテゴリー: 書評・覚書 | コメントする