中臣祓師説(若林強斎講義、澤田重淵筆記)5/7

高知弖(て)は、たこう出でて、どこから仰ぎ望んでも皇居とまぎれのうしるるゆえぞ。外に千木をあぐることはならず。これは神武天皇、長髄彦御征伐遊ばされ、日の神の皇都に屹度御殿を立て、御位に即せ玉うことなり。この皇孫尊は神武天皇を申し奉る。惣じて天皇は皆天照大神の御孫ゆへ、瓊々杵尊に限らず、日嗣御子をすべて申し奉る也。宝祚のさかえまさんこと、天壌とともに究まりなかるべしとの神勅ゆえ、いつまでも皇孫ないことはないぞ。美豆は称美の詞。御舎はおんありかなり。天乃御蔭云云。どこまでも日の神・高皇産霊のみかげをいただかせられ、御蔭の下にかくれまして天下に臨御まします。高天原仁(に)帝王ととも神留まりましまし、帝王もこの御蔭と隠れ座し、神皇一体に立たせ給う御事にて天下の万民万物までも、皆この御蔭の下にめぐまれてそだつこと、まことに有難き御事なり。御蔭の社は、下賀茂の御社より丑寅にあたり、叡山の麓にある森を御蔭の森、山を御蔭の山、川を御蔭の川と云う。今、四月中の午日に御蔭祭あり。安国止(と)平気久(けく)云云。なると云うに成字を填たにかまいはない。生の字の合点。ただ訓をとるばかり。生まれ出ること。天乃益人は、天下万民のこと。益人は、日々人生まるるは死ぬるよりあまりて、ますます生まるるゆえ云うぞ。神代巻に、册尊の諾尊をうらみさせられ、いましの治めさせらるる民を、一日に千人づつくびりころそうとあったれば、おれは一日に千五百人生もうとあるの御誓いなり。犯は心あってするつみ、過は心なけれどもおぼえずしらずするつみぞ。心あってものうても、罪は同じこと。種々は、いろいろさまざまの罪科。即ち下の段々なり。其の罪を其のぶんにさしおいては、帝王の政は行われず、天地神明はにくにくしうおぼしめすゆえ、おのづから気運も順になし、風雨も時を失い、五穀も熟さず、種々の災患があるはづ。去るに因って、これをさっぱりとどこにのこる処もなく、政に病むこともなければ、神明にはづることもない様に、根から葉から祓い清めねば、政の根本は立たぬ。天下の人民も、罪科あるを蔽い隠して、罪ない顔をしてからが、実に罪があらばなんとせう。天下のしおうきにそむき、神明の冥慮にみかぎられては、一旦陳じてよしなにしていなが、なんの栓ないこと。刑罰をまぬがれても、実に天地神明の冥罰を蒙れば、天地无(無)窮の間、其の罪のがるべからずして、禍を子孫に貽す。実に畏るべきこと也。しからば自ら犯過罪科を一点毛頭蔽い隠すことなく、明白に申し出でるでのうては、どこまでも逃げられぬにきわまりたることぞ。自ら罪を申して出でるを、天下の法令にも自首と云うて、其の罰を軽くし玉う御事なれば、天地神明の御心もやわらがせらるるはづ。今までの犯し過ったこそにくけれ、悔いて首刎ねられうが磔にあがろうが、自首する処は不便千万なること。首刎ねられても明白に自首して死すれば、冥慮にはづることなければ、天下の法を欺くことがないゆえ、吾にあってもこころよいことぞ。祓の用は全くここにあることで、祭政一理の事実也。天津罪は、素尊の天上に於いて犯された罪で、そもそも罪科のはじめぞ。日の神の御弟なれども、かくのごとき罪あれば、御ゆるしはない。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

カテゴリー: 国體 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です