BJP党首「もはやチベット問題に無感ではいられない」(「チベット・ポスト」6/18)

 ダラムサラ:インド人民党(BJP)の党首であるRajnath Singh氏はチベット問題と昨今の焼身自殺に言及し、インドはもはや「チベットの僧侶に加えられている残虐行為」にたいして「無感」ではいられないと述べた。
この発言はBJPがゴアで開催した全国的な幹部会合で出されたものだ。
「過去数ヶ月の間、何百人もの僧侶が中国による人権侵害に抗議して焼身自殺を試みた」とシン氏は記者団に語った。

 http://www.tibetpost.net/component/content/article/35-brief-news/2961-bjp

 

 

カテゴリー: インド・チベット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です