拘幽操 山崎闇斎題跋

 程子ノ曰ク。韓退之羑里操ヲ作テ云ウ。臣ガ罪誅ニ当リヌ、天王ハ聖明ナリト。文王ノ心ヲ道(イ)ヒ得テ出シ来レリ。此文王至徳ノ処也。

問ウ。君臣父子、同ク是レ天倫ナリ。君ヲ愛スルノ心、終ニ父ヲ愛スルニ如カ不ルハ何ゾヤ。曰。離レ畔(ソム)クモマタ只是レ庶民ナリ。賢人君子ハ便チ此ノ如クナラ不。韓退之ガ云ウ。臣ガ罪誅ニ当リヌ、天王ハ聖明ナリト。此ノ語何ガ故ゾ。程子是レ好シト道ヘル、文王豈紂ノ無道ヲ知タマハ不(ザラ)ンヤ。却テ此ノ如ク説タ。是(カク)シテ衆人ヲ欺キ誑(タブ)ラカスニ非ズ。直ニ是レ説有リ。須(スベカラ)ク是レ転語有テ方ニ文王ノ心ヲ説得テ出スベシ。看来レバ臣子君父ノ不是底ヲ説ク道理無シ。此レ便(スナワ)チ是レ君臣ノ義ヲ見得タル処ナリ。荘子ガ云ウ。天下ノ大戒二ツ。命也、義也。子之父ニ於ケル、適(ユ)クトシテ命ニ非コト無シ。臣之君ニ於ケル、適クトシテ義ニ非コト無シ。天地ノ間ニ逃ル所無シ。旧(モ)ト嘗テ跋シテ一ツノ文字ニ題シ、曾テ此ノ語ヲ引テ以為(オモ)ヘリ、荘子ガ此ノ説ハ、乃チ楊氏ガ君ヲ無(ナミ)スル之説。他(カ)ノ這(コ)ノ意思ノ似(ゴト)クナレバ、便(スナワ)チ奈何トモスルコト没(ナク)シ了(オエ)テ、方ニ恁(カクノゴト)ク義有リ。却テ此ハ是レ自然ニ有ル底ノ道理ナルコトヲ知ラ不(ズ)。

礼ニ曰ク。天ハ地ニ先ダチ、君ハ臣ニ先ダツ。其ノ義一也。坤之六二、敬以テ内ヲ直フシ、大学ノ至善、臣敬ニ止マル。誠ニ旨有ル哉。泰誓ニ云ウ。予(ワ)レ天ニ順ハ弗(ザ)レバ、厥(ソ)ノ罪惟(コ)レ鈞シト。是レ泰伯文王ノ深ク諱(イミ)タマヘル所、伯夷叔斉之敢テ諫(イサメ)ル所ニシテ、孔子ノ以テ未ダ善ヲ尽サザルト謂(ノタ)マフ所也。吾嘗テ拘幽操ヲ読ミ程子ノ説ニ因テ、此ノ好文字漫ニ観ル可不(ベカラザル)コトヲ知レリ。既ニシテ朱子程説ヲ以テ過タリト為ヲ見テ、信疑相ヒ半バス。再ビ之ヲ考ルニ、朱子更ニ転語シテ、文王ノ心ヲ説キ得テ出セリ。夫レ然シテ後ニ天下ノ君臣タル者定マル。遂ニ程朱ノ説ヲ操ノ後ニ附スルト云ウ。

                          山崎嘉跋ス

 

 

目、窅窅(ヨウヨウ)たり、

其レ凝(コ)リ、其レ盲(メシ)ヒヌ。

耳、粛粛(ショウショウ)タリ、

聴クニ声ヲ聞カズ。

朝日出デズ、

夜月ト星トヲ見ズ。

知ルコト有リヤ、知ルコト無シヤ、

死セリト為ンヤ、生ケリト為ンヤ。

嗚呼臣ガ罪誅ニ当リヌ、

天王ハ聖明ナリ。

 

 

カテゴリー: 国體 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です