吉田松陰先生著近藤啓吾先生全訳注『講孟劄記』(講談社第30刷)を読む 第1回

  本日より吉田松陰先生の『講孟劄記』を同志の仲間と読み始める。テキストは講談社学術文庫版第30刷全二巻を使用する。毎週末更新を目指す。

 初回の本日は13pから18pまでの序を読了した。

 

 松陰先生が獄中の教え子に曰く「吾と諸君の其の境は逆なり。以て励みて得ること有る可きなり」と。逆境の時こそ勉学に励む好機だという意味である。ただの逆境ではない。獄中で生死の瀬戸際にあるにもかかわらず、いまこそ勉学に励もうと言っておられるのである。ただ事ではない。

カテゴリー: 書評・覚書 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です